AGAの症状

最近私の周りの友人たちが、AGAを気にし始めています。

AGAという単語を雑誌や広告でよく目にしますが、これは簡単に言うと男性型脱毛症のことです。

それで、最近薄毛になってきているなと思ったり、抜け毛がひどくなってきたなと思ったら、まずAGAを疑ってみましょう。

しかし、これはひとつの脱毛のタイプなので、全ての薄毛や抜け毛で悩んでいる人がAGAだと断定することはできません。

症状として、AGAが進行してしまうと、毛が抜け始め、生えてくる毛も細くなり、まだ短いうちに抜けるようになってしまいます。

最後には、髪の毛が産毛のような細い毛ばかりになり、地肌が見えやすくなってしまいます。

個人差はありますが、20代前半から35歳くらいまでの男性によく見られる症状です。

毎日鏡を見て、自分の頭の毛が薄くなってくると悲しくなりますが、AGAはどんな科学変化によって起きるのでしょうか?

これにはテストステロンという男性ホルモンが関係しています。

テストステロンは成長に欠かせないな物質で、筋肉の量を増やしたりする働きがあります。

しかし、このテストステロンと頭皮に存在する5α-リダクターゼという還元酵素が結びつくと、ジヒドロテストステロンが作られます。

このジヒドロテストステロン(DHT)の働きによって髪の成長が抑制されてしまうと言われています。

このように、AGAが起きる理由は、男性ホルモンや酵素など、私たちの体の中の物質と関係があります。

関連サイトのご案内⇒詳しく分かるAGAの事情